number.gif

秘薬から飲物へ

製品ニュース 十三世紀に、エチオピア(当時はアビニシア)にカルディというアラビア人のヤギ飼いがいました。ある日、自分が世話をしているヤギが牧草地に生えている灌木の実を食べると、騒がしく興奮状態になることに気づきました。その話をイスラム修道院の院長に伝えると、院長も不思議に思ってその実を自ら試すことにし、茹でて飲んでみたところ、眠気が取れて爽やかな気分になったのです。これに驚いた彼は修道僧たちにも飲ませることにしました。すると効果てきめんで彼らは居眠りもせず修行に励むことが出来ました。やがてそのうち「眠らない修道院」の噂は国中に広まり、この魔法の木の実が競って求められるようになったということです。これがコーヒーの起源伝説の一つです。
 最初は眠気覚ましの妙薬として広まっていったコーヒーですが、その後「消化や強心、利尿の作用」が発見され薬としても珍重されるようになり、そして現代にいたるまでさらに研究が進み、コーヒーの中に含まれているカフェインが様々な効果を発揮することが分かりました。ダイエット効果や糖尿病予防、善玉コレステロールの増加促進作用があるとの研究結果も出ており、風邪薬や鎮痛薬にも応用され、二日酔いの頭痛にも優れた効果を発揮するそうです。
 このように薬としての一面を持つコーヒーが、全世界に広まったきっかけを作ったのがインスタントコーヒーですが、これを一八九九年に発明したのが加藤博士という日本人だということは意外と知られていません。しかし特許を取得していなかったため、一九〇三年に別の方法で作ったジョージ・ワシントンが特許を取ったため、加藤博士は幻の発明者となってしまったのです。世界に通用する発明をしたにもかかわらず何とももったいないお話です。

ルートΣ1にサプリメントが誕生!

東洋医学 育毛理論の集大成ともいうべき頭皮料「ルートシグマワン」を発売し1年が経過し、様々な歓びの声が寄せられておりますが、より健やかなヘアケアを目指して、この度ルートシグマワンサプリメントが発売されました。日常の食生活では補いきれない六大成分を一粒に凝縮し、健やかな成長を体の中からもサポートいたします。容量価格は60粒(目安1月分)で4,200円(税抜)です。
 六大成分とは、
1、亜鉛酵母
 現代人に不足しがちな必須ミネラルを補給します。
2、ヒハツエキス
 東南アジアに分布する胡椒の仲間であるヒハツの抽出物で体を温めます。
3、ガニアシ
 昆布の根の部分で、他の昆布に比べ約二倍のミネラルやフコイダンが含まれています。
4、ノコギリヤシエキス
 北米からメキシコにかけて広く分布するヤシ科の植物の抽出物で、サプリメントに数多く利用されています。
5、大豆イソフラボン
 大豆に含まれている天然成分で、植物性エストロゲンとも呼ばれています。
6、カプサイシン 
 唐辛子に含まれている辛味成分で、体を温めます。 
 

ミニ百科-ピラミッド その6 最初のピラミッドは階段状

製品ニュース 現在までに確認されているピラミッドの中で、最古のものと考えられているのは、古王国時代第三王朝のジョセル王の墓です。ピラミッドというと、まず四角錘に整った形が思い浮かびますが、このジョセル王のピラミッドは六段の階段状になっています。この時代は、干乾しレンガで作るマスタバと呼ばれる台形状の墓が一般的だったにもかかわらず、なぜ階段状に作られたのでしょう。
 ジョセル王は歴代の墓よりも大きく立派で、なおかつこれまでにない独創的な墓を望み、優れた大臣であり医者であり建築家でもあったイムヘテブという宰相に墓の建設を命じたのです。こうして革命的な王墓、ピラミッドの原型を考案し完成させたイムヘテブは、末期王将時代からプトレマイオス朝時代に神格化され、神殿や多くのブロンズ像が作られました。

一口メモ いきいきライフのためにーストレスへ対策は3つのR

 生きている限りストレスはつきものです。大切なことは日常的なストレスが持続したり、それによって障害が生じるのを防ぐために、うまく付き合っていく方法を見つけることです。その方策として、三つのRが大切だと言われています。それは、Rest(休養)、Relaxation(癒し)、Recreation(活動)の三つです。
 ストレスへの対処として休養が大切であることは言うまでもありませんが、加齢に伴い質の良い睡眠をとることが難しくなってくるそうです。寝付きが悪い・夜中に目が覚める・昼間眠くてしょうがない等がそのよい例です。こんな場合は、専門医に相談するのが一番です。
 十分な休養を取った後は、積極的にリラクゼーションを行い活動することが必要です。そのためには毎日短時間でもよいからコツコツと一人でもできることが適しているそうです。日常の些細なストレスを甘く見ず、日々対処していくことがアンチエイジングの基本と言えそうです。

当社では、ご愛用者の皆様と心のふれあいを少しでも持つことが出来ればとの願いを込めて、メッセージふろむサンシドーという季刊誌を発行しています。 本紙面を通じて、少しでも多くの皆様のお役にたてる情報がご提供出来れば幸いです。