number.gif

紫外線の眼への影響

 波長が280ナノメートル以下の光は眼球表面の角膜ですべて吸収されます。これより長い波長の紫外線も、大半は角膜で吸収されますが、角膜を通過した紫外線のほとんどはレンズの役割を担う水晶体で吸収されます。残りの1〜2%が水晶体を通過して網膜まで到達します。紫外線ばく露による眼への影響については、急性の紫外線角膜炎と慢性の翼状片、白内障が知られています。

1、紫外線角膜炎
 強い紫外線にばく露したときに見られる急性の角膜炎症で、結膜(白目)の充血、異物感、流涙がみられ、ひどくなると強い眼痛を生じます。雪面など特に紫外線の反射が強い場所で起きる“雪目(ゆきめ)”が有名です。昼間に紫外線にばく露した場合、夜から深夜あるいは翌朝にかけて発症し、大部分は24 〜48 時間で自然治癒します。
2、翼状片
 眼球結膜(白目)が翼状に角膜(黒目)に侵入する線維性の増殖組織で、瞳孔近くまで進展すると視力障害をきたします。通常三十 歳代以降に発症し、進行はゆっくりです。農業、漁業従事者など戸外での活動時間が長い人に多発し、紫外線ばく露を含めた外的刺激がその発症に関係すると考えられています。治療は外科的な切除を行いますが、2〜7%の人は再発し再手術が必要になります。
3、白内障
 白内障は眼科疾患の中で最も多い病気の一つで、水晶体が濁るため網膜まで光が届かなくなり見え方の質が低下してきます。初期は水晶体が硬くなるため老眼が進行し、次第に視力が低下し進行すると失明に至ります。白内障は多数のタイプがありますが、加齢により発症する白内障には三つの代表的なタイプがあり、それぞれ原因や見え方への影響も異なります。日本人で最も多く見られる皮質白内障というタイプでは、紫外線との関係が知られています。治療は混濁した水晶体を眼内レンズと置換する手術が行われます。

ご愛用者からの、ご感想掲示板

もっと早くから使ってればよかったぁ!
岡山・井原市 K・Mさん
(女性)主婦
髪にコシが出て嬉しい!毎月染めているので傷みやすく、抜け毛も多くて心配でした。こんな事ならもっと早くから使用していればよかったぁ。
髪の衰えが止まった!

室蘭市 H・Aさん
(男性)役員
 薬用ルートプラスワンと姉妹品のシャンプーを併用しています。加齢とともに髪が次第に薄くなり白髪も多くなり髪が細くて艶がなくなってきましたが、近ごろは濃くはならないが進行が止まったようです。
髪が盛り上がってきました!
和歌山市 M・Mさん
(女性) 主婦
薬用ルートプラスワンはこれで四本目です。髪にハリが出て盛り上がってきました。感謝!
根気の賜物、効果に
感謝!
静岡・富士市 S・Sさん
(女性)
王将エクストラと最近ではナノシャンプーを併用しています。根気よく使い続けたので、生え際に毛が出てきて、髪全体にボリュームも出てきたようです。60歳を超えた現在も白髪が少なく染めていません。
※効果の現れかたには個人差があります。ご紹介したご感想は、製品の効果を必ずしも保証するものではございません。

ルートΣ1にサプリメントが誕生!

東洋医学 育毛理論の集大成ともいうべき頭皮料「ルートシグマワン」を発売し1年が経過し、様々な歓びの声が寄せられておりますが、より健やかなヘアケアを目指して、この度ルートシグマワンサプリメントが発売されました。日常の食生活では補いきれない六大成分を一粒に凝縮し、健やかな成長を体の中からもサポートいたします。容量価格は60粒(目安1月分)で4,200円(税抜)です。
 六大成分とは、
1、亜鉛酵母
 現代人に不足しがちな必須ミネラルを補給します。
2、ヒハツエキス
 東南アジアに分布する胡椒の仲間であるヒハツの抽出物で体を温めます。
3、ガニアシ
 昆布の根の部分で、他の昆布に比べ約二倍のミネラルやフコイダンが含まれています。
4、ノコギリヤシエキス
 北米からメキシコにかけて広く分布するヤシ科の植物の抽出物で、サプリメントに数多く利用されています。
5、大豆イソフラボン
 大豆に含まれている天然成分で、植物性エストロゲンとも呼ばれています。
6、カプサイシン 唐辛子に含まれている辛味成分で、体を温めます。 
 

東洋医学による健康法    春の肩こり対策の巻

東洋医学 いつも肩や頸筋が凝っているという、肩こりの悩みを抱えた人は非常に多く、国民の二人に一人が肩こりを体験したことがあるといわれ、特にパソコンなどOA器械が主流になった現代では、肩こりは文明病ともいわれています。 肩こりとは、病名ではなく一つの症状を表す言葉で、医学的には「頚肩腕症候群」と言います。主に頸部や肩、腕にかけての部位に起こるこりや痛み、しびれなどの症状を総称したものであり、代表的な症状が肩こりなのです。肩こりの多くは、筋肉疲労が原因で発生します。日本人は世界一の肩こり民族といわれており、その理由は、まず先天的素因として、日本人の体の骨が欧米人より小さいことが挙げられます。これは首の頚椎においても同じであり、頭と首と肩のバランスが悪く、このことは特に女性のなで肩に多く見られます。後天的な素因としては、畳の生活で寝そべってテレビを見たりする生活習慣や、長時間パソコンをするなど、悪い姿勢や前傾姿勢を習慣としていることが挙げられます。これらは、いずれも首や肩に負担がかかりやすいからです。そのほかに目の疲れ、虫歯、歯周病、耳の疾患及び精神的ストレスなども肩こりの原因になります。以上により、筋肉の緊張状態が長時間続くと、局所の血行が悪くなり、乳酸などの老廃物が溜まって末梢神経を刺激することにより、肩のこりや痛みが引き起こされます。中医学では、肩こりの病因は、まず平素は体の脾・腎が虚弱状態になっているため、頚椎や肩の筋肉も弱まり、風・寒・湿など邪気の侵入や打撲の損傷を受けやすくなり、それにより頸部や肩の経絡気血の流れが阻害され血行が悪くなることにより、肩こりや首筋の痛みが起こされると考えています。 肩こりの対策では、先ず筋肉の緊張を解消する、つまり心身共リラックスさせることが重要です。具体的には、カイロや蒸しタオルなどで直接肩を温め筋肉をほぐしてあげ、床に仰向けになって、首・肩の筋肉を始め、全身の力を抜くようにして約30分横になることを毎日続けると効果が出ます。その上で指圧マッサージを加えれば更に効果的です。 ここで肩こりによく使われる有効なツボを紹介したいと思います。これらのツボに指圧マッサージをする時、左手で右手の肘を支えてやりながら、右手で左肩のツボを指圧し、右側の肩をする時は逆にしておこない、一ヶ所約1分間ぐらいで押したり揉んだりしてください。予防法としては普段から筋力トレーニングをし、頚椎と肩の筋肉を強くして首の負担を減らしてあげることと、良い枕を選ぶ(軟らかく、薄い枕の方が良い)ことです。

中医師 / 黄 懐龍
東洋医学_ツボ

①外関(がいかん)
腕の外側真ん中で手首のしわから上へ3寸。
②天柱(てんちゅう)
後頭部の髪の生え際から0.5寸上で
首の後ろの2本の筋肉の後ろ。
③肩中兪(けんちゅうゆ)
首前傾時に出っ張る首の骨の下から両側2寸にある。
④肩井(けんせい)
首前傾時に出っ張る首の骨の下と肩先を結ぶ線の真中。
⑤膏肓(こうこう)
背中の第四胸椎棘突起の下から、両側へ3寸にある。

※ツボを探す時に用いる一寸とは親指の関節部横幅の長さです。三寸は親指を除く4本指の幅です。

当社では、ご愛用者の皆様と心のふれあいを少しでも持つことが出来ればとの願いを込めて、メッセージふろむサンシドーという季刊誌を発行しています。 本紙面を通じて、少しでも多くの皆様のお役にたてる情報がご提供出来れば幸いです。