メッセージフロムサンシドー63号

「使ってよかった」愛用者の方からのご感想

髪の傷みも解消!

広島・三好市 R・Oさん
(女性) 主婦
ウイHを、もう何年も使っています。カユミが無くなり髪の傷みもなくなりました。これからもずっと使用しますので、よい製品を作ってください。生まれが神戸なのでとても親しみを感じます。
アレルギー体質だけど大丈夫です!
富山市 K・Iさん
(女性)主婦
長年王将ゴールドを使用していますが、アレルギー体質なのに大丈夫です!ここ一年以上ブラッシングしてマッサージしているとすこし発毛してきました。
十歳若く見られます!

京都・京丹後市 H・Yさん
(男性)
薬用ルートプラスワンのお蔭で年齢より十歳位若く見られ精神的にも若さ一杯で過ごしています。約一月半で一本使い切ります。
他社製品も試しましたがこれが一番!
静岡・浜松市 H・Iさん
(女性)
昔は他社の色々なトニックを使いましたが、髪が細くて柔らかく量も少ないためべっとりして合わず、美容院で王将エクストラを進められ使用し続けて三十年以上になりますが、さっぱりしてべとつかず、抜け毛も少なくてとても気に入っております。
※効果の現れかたには個人差がありますので、ご紹介したご感想は、製品の効果を必ずしも保証するものではございません。

紫外線の皮膚への影響

光が私たちに及ぼす功罪 前回までのお話で、紫外線から地球を守るオゾン層を破壊するフロンガスが、1980年以前のレベルに迄減少するのに今世紀半ばまでかかるということを述べました。そこで、紫外線の皮膚への影響について詳しく説明いたします。
 皮膚の最も外側にある表皮は、角化細胞が90%以上を占めています。その他メラニン色素を作る色素細胞と免疫機能を司る細胞も表皮内にあります。最も強力な光線防御は、この色素細胞が作るメラニン色素です。メラニンは紫外線、可視光線、赤外線を吸収してDNAの損傷を少なくします。
 人間の皮膚の色は様々です。それは黒褐色のメラニン色素の為で、メラニンが多いほど肌の色は黒くなり、紫外線に抵抗性があります。白人では紫外線を浴びても赤くなるだけで、あまり褐色になりません。日本人は赤くなるとその後数日して褐色になります。国際的なスキンタイプでは白人が該当するタイプⅠから黒人が該当するタイプⅥまで六段階に分けられています。日本人はこの基準ではタイプⅡからⅣくらいです。日本人でも色白で、日光にあたると赤くなりやすくて、黒くなりにくい人は紫外線対策が必要です。また、肌の色が黒い方が紫外線に対して抵抗力があるからといって、むやみに日焼けするのは良くありません。
 地表にいる我々が浴びる紫外線のうち、UV-Bは量は少ないのですが、皮膚の細胞のDNAを傷つけてしまいます。皮膚の細胞にはこのDNAの傷を切り取って正しいDNAに戻す仕組みが備わっています。しかしDNAの傷害が度重なると直し間違いが起こり、誤った遺伝情報(突然変異)が生じることがあり、それが皮膚がんの原因になると考えられています。我々は子供のうちに大量の紫外線を浴びていると考えられ、その影響は何十年もたってから現れてきます。子供の頃から紫外線を浴びすぎない様、帽子、衣類、日焼け止めなどによる紫外線防御を心掛ける事が大切です。

東洋医学による健康法法 冬の白髪対策の巻

製品ニュース 冬の景色といえば、雪が思い浮かびます。奇麗な銀白の雪景色を何遍見ても飽きませんが、このような景色を自分の頭の上では絶対望まないと思います。
 健美な黒髪は健康と青春のシンボルといわれていますが、年をとるにつれて白髪が次第に増えてきます。これは皮膚の衰えと同じく、自然な老化現象で、やむを得ないことですが、最近では三十代後半から白髪が出てくる人も少なくなく、また中には二十代からの若白髪の場合もあります。
 白髪は身体の老化及び内臓のトラブルを示す手掛かりでもあります。髪の色は毛球部のメラニン細胞により作られますが、老化によってこのメラニン細胞の活性度が衰えたりその数が減少し、メラニン色素生産力が低下してくると白髪になります。又白髪は遺伝といわれ、家系的に白髪になりやすい人は二十歳ごろから発生し、若白髪といわれます。このような老化、遺伝以外にも、ストレスによる毛根部の血液循環不全や貧血、甲状腺機能亢進症などの全身疾患により白髪が生じることが知られています。
 中医学では、「腎の華は髪である」と言い、腎臓は先天の元(遺伝因子)で、毛髪を司っており、毛髪の色艶で腎気の盛衰が反映されます。 又、髪は別名「血余」と呼ばれ(髪が血の余りなりという意味で)、白髪が血液の成分及び根部の血行状態の変化と深い関連があると考えています。
 白髪の緩和及び予防対策として、生活を規則正しくし、睡眠を充分にとることにより、ストレスを解消させ、更に食事では、栄養バランスを保つことで、メラニン細胞の老化を予防するため、常に腎気を補う黒ゴマ、クルミ、枸杞子、何首烏、ワカメ、昆布、海苔などと黒豆、黒米、及びビタミンEやC,βーカロチン、グルタチオンなどの抗酸化作用がある物の摂取をお勧めします。 また貧血を治すことも重要です。
 ここで、白髪によく使われる指圧マッサージ法を紹介したいと思います。左記のツボは毛髪を司どる腎気を補うと共に、血行をよくする作用があるので、このツボを指圧マッサージすることにより、新陳代謝を活発にし、頭部の血行をよくし、毛根に栄養を供給して、頭皮を活性化します。内臓がよくなれば、老化を防止でき、髪の毛の色艶もよくなると思います。
 具体的方法は、まず左記のツボを一ケ所につき約一分間指圧して、それから両手指で頭のフロント、トップ、ネープの順で揉みながら手ぐしをし(約二十回ぐらいでよい)、最後に約二分間位ブラシで頭全体を軽くたたいて下さい。

中医師 / 黄 懐龍

製品ニュース① 百会(ひゃくえ)
正中線と両耳を結んだ線が交わるところ
② 通天(つうてん)
百会より正中線に添って前へ1寸進み、
そこから 両横へ1.5寸のところ
③ 天柱(てんちゅう)
後頭部の髪の生え際から0.5寸上で
首の後ろの2本の筋肉の後ろ
④ 腎兪(じんゆ)
腰の第三腰椎棘突起の下から両側1. 5寸

※ツボを探す時に用いる一寸とは親指の関節部横幅の長さです。三寸は親指を除く4本指の幅です。

当社では、ご愛用者の皆様と心のふれあいを少しでも持つことが出来ればとの願いを込めて、メッセージふろむサンシドーという季刊誌を発行しています。 本紙面を通じて、少しでも多くの皆様のお役にたてる情報がご提供出来れば幸いです。