メッセージフロムサンシドー55号

生活習慣改善のススメ

夏期の電力消費量グラフ すべての病気は、遺伝的要因と環境要因が複雑に絡み合って発症するそうです。その中で食生活や身体活動などの生活習慣による環境要因が発症の大きな原因となる一連の疾患を、生活習慣病として分類し、その予防や治療のため生活習慣の改善を図ることが重要です。 様々な生活習慣のなかで、今日最も問題になっているのは、飽食と運動不足による過栄養状態で、糖尿病、高脂血症、高血圧症を誘発しさらにこれらを危険因子として発症する動脈硬化性疾患(脳梗塞や心筋梗塞)の原因にもなり、これらを「狭義の生活習慣病」と呼んでいます。 最近の調査では、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患発症者の過去を調べてみると、十年前からずっと体重、血圧、血糖、コレステロール、中性脂肪の値が軽度ながら高値であったことがわかりました。そして肥満、高血圧症、糖尿病、高脂血症のうち、三個以上持っていた場合は、何もない人に比べて三十五倍も脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすくなっていたことが判明したそうです。 そこで気になる方のために、血液をサラサラにする食事に取り入れたらよい八品目を紹介します。「お魚好きやね(オサカナスキヤネ)と覚えてください」一食に全品目入ってなくとも大丈夫で、一日トータルで補えば良いです。オは「お茶」サは「魚」カは「海藻」ナは「納豆」スは「酢」キは「きのこ」ヤは「野菜」ネは「ネギ」です。 十年一昔といいますが、血管も例外ではありません。気になる方はこの間に生活習慣を改善し、日々の運動を心がけてみてはいかがでしょうか。

二十一世紀型の養毛・頭皮料 ルートプラスワンが進化しました!

 製品ニュース ルートプラスワンが進化しました!

 食事・生活習慣・ストレス・遺伝・男性ホルモンなどにより、薄毛・抜け毛に悩む人は増え続けています。統計では「男性の五人に一人」「女性の九人に一人」が薄毛対策を考えていることから、意外に女性の薄毛人口が増えていることがわかります。
 そこで新しい育毛の扉を開く養毛・頭皮料としてルートプラスワンZを開発いたしました。注目の亜鉛を酵母に取り込ませた「亜鉛含有酵母(サッカロミセス)」が頭皮を保護し、しっかりと髪を守ります。
 さらに注目の海藻由来成分「ガゴメエキス」やエネルギー代謝物質「アデノシン三リン酸」、そして天然初乳成分「ミルクプロテイン」を配合し、「ストレスに負けないあなたの大切な美髪」を育てる二十一世紀型の進化した養毛・頭皮料です 。
 

サンシドー ルートプラスワンZ
養毛・頭皮料|150mL|¥3,990(税込)

ミニ百科-真珠の知識 part7 真珠貝養殖の特許

真珠の構造この特許は、真珠貝の卵を一定の器具に付着させ、其れを取ってきわめて目の細い籠に移し、稚貝として育てる方法です。最初、稚貝は付着物の上に黒点としてかろうじて肉眼で見える程度ですが、二~三ヶ月たつと成長して小指の先ほどになり、翌年には十円硬貨くらいの大きさまでに成長します。成長の度合いに応じて、籠の網目は次第に大きく粗いものへと変化させてゆきます。稚貝養殖に成功したということは、結局養殖量の画期的拡張を可能にし、需要に対しての大幅な拡張をも可能にし、さらに海女を稚貝取りの過酷な作業から解放したとも言えます。そしてこの量産可能になった企業を伸ばすために、養殖場は日本全国の津々浦々に拡大し、三重県の英虞湾はもちろん和歌山県田辺、長崎県大村湾、石川県七尾、瀬戸内海沿岸各地に広がりました。次回はいよいよ真珠ができる仕組みについてお話します。

一口メモ いきいきライフのためにー効果的な運動とは

ドライマウス毎日の運動が、特に60歳以降の死亡率を低下させるということを前回お話しいたしましたが、最も効果的な運動は何かというと、それはウォーキングだそうです。しかし、単なるウォーキングではなく、速く歩く「サッサカ歩き」とゆっくり歩く「ブラブラ歩き」を数分間ずつ交互に繰り返す「インターバル速歩」がとくにお勧めとのことです。 具体的には、十分なウォーミングアップの後、サッサカ歩きを3分続け、呼吸を整えてブラブラ歩きを3分続ける(3分はあくまでも目安で2分間でも可)。これを繰り返して、歩行にメリハリをつけることが大切です。 インターバル速歩に慣れてきたら、足を大きく上げて歩くようにしてください。こうすることで、太ももの筋肉が鍛えられ、段差でつまずくことも少なくなります。ここでウォーキングの基本姿勢を図で紹介します。

当社では、ご愛用者の皆様と心のふれあいを少しでも持つことが出来ればとの願いを込めて、メッセージふろむサンシドーという季刊誌を発行しています。 本紙面を通じて、少しでも多くの皆様のお役にたてる情報がご提供出来れば幸いです。